Windows10のアップグレードはするべきか否か

windows10-preview

さて、7月29日にWindows10への無償アップグレードが開始となりましたが、皆さんは導入されましたでしょうか。私はひとまずサブ機に導入してみて、使い勝手の確認なんぞをしているところです。

適当に弄ってみた感想ですが、かなりいい感じだと思います。ノートPCをWindows8.1にした時のようなわけわからん感じが殆ど無く、かっこよくなったWindows7といった印象です。

知っている方も多いかと思いますが、Windows10ではデスクトップ向けとタブレット向けでデフォルトのスタート画面が異なります。タブレット向けはWindows8.1の時と似たような画面になるのですが、デスクトップ向けの画面は7以前のデザインを踏襲した形となっています。以下は私の場合。

無題

スタートボタンを押すと従来のスタートメニューに似た形が出現します。ここにはご覧のようにタイルを貼ることも可能ですが、タイルを全て外せば、従来のような見慣れたスタートメニューに戻すこともできます。

gff

だいぶスッキリしますね。7ユーザーだった人はこちらのほうが使いやすいという人も多いかも。このあたりを柔軟に変えられるようにしたのはとてもよい。操作の面でも、8.1の時のように画面端からのスライド操作や隅をスライドするとメニューが出現する機能等はデフォルトで無効化されており、デスクトップ利用における利便性が重視されているのがわかりますね。

皆さん気にされているであろう互換性についてですが、サブ機はひと通り問題ありませんでした。まあ画像を見れば分かる通りテレビ視聴環境くらいしか入っていないので、ゲームなんかについては続報を、といった程度ですね。

ちなみにWindows7とWindows10でBF4の比較ベンチを取っていた方がいらっしゃいましたが、やはりDirectX12がまだ未対応ですので、ほぼ同等、といったところでした。Mantleと同等以上のパフォーマンスが発揮できるとのことで、私もかなり期待するところです。


結局アップグレードはするべきかどうかですが、個人的には少し様子を見てからの導入をおすすめします。ここまで絶賛してきておいて、という感じですが。

やはり、登場直後のOSは不安定な面があることが予想できますし、↑でも書いたように、DirectX12等の目玉機能はまだ対応しているソフトが少なすぎるため、それを待ってからでも遅くはないかと思います。

また、もう一つ懸念事項がありまして、今回の無償アップグレードでWindows10を導入した場合、原則としてハードウェアの大幅な変更が不可能になるということなのです。といいますのも、今回の無償アップグレード版は固有のキーを持っておらず、これまでで言う評価版のように、全てのPCが共通のキーで扱われています。つまり、ハードウェア情報のみでライセンスの確認をしているため、マザーボードなんて交換した日にはまったくもって認証が通らなくなります。これから一年の間は一度以前のOSに戻して再度アップグレードでなんとかなるかも知れませんが、10が最後のメジャーアップデートかもしれないとの噂もある以上、一年以上は間違いなく使うことになります。おそらく私のブログを見てくれている人はPCを弄り回す人も多いと思うので、そういった人はおとなしく製品版を購入したほうがいいかもしれません。逆に言えば、買うことを決めているならこの点は問題ではなく、構成を変えるときにOSも買えばよいのです。

ともあれ、ひとまずは私もサブ機で遊びながら様子見です。

コメントを残す




関連記事

Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂
Z9やZ3等のPCケースで有名なZALMANが倒産 国内では…
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
プロゲーマー育成専門学校についてあえて真面目に考えてみる
気になるPCケース続々登場
Skylake-Sのサンプル送付スタート 脅威のクロックなども判明?
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
Geforce GTX960の発表は1月6日から始まるCESで行われる?
Windows10が発表、気になるDirectX12のパフォーマンスは?
【CES 2015 パーツ編】GTX 960の写真と、スペック情報のまとめ
「Mantle1.0」が一旦の終息に向かう模様?
GeForce GTX 960の発売が延期?
Windows10のリリースは7月末になる模様
3DMark、世界初となるゲーム向け4Kベンチマーク ※管理人スコアあり
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?

Menu

HOME

TOP