Titan Zに、一般向けにも値下げが入ったらしい

Nvidia Slashes Titan Z Pricing Again – Maxwell Replacement Perhaps Incoming

NVIDIA-GeForce-GTX-Titan-Z_2

9月の頭にOEM向けの値下げが発表されていましたが、ここにきて一般向けにも値下げが入ったみたいです。
米アマゾンでは既に1500ドル代で販売されていますね。
数が少ないので国内価格まで反映されるかどうかはわかりませんが、Maxwellコアに向けての在庫処理と見られているようですが、1500ドルでもゲーマーとしてはちょっと高すぎる気がしますね。まだ295X2のほうが遥かに安いですし。
NVidiaユーザーの人も、970SLIや980SLIの方が幸せになれると思います。
開発者の方にはTitanZの方が優れた面が多いかもしれませんね。

コメントを残す




関連記事

【CES 2015 デバイス編】FreeSyncモニタ他、気になるゲーミングデバイスいろいろ
Radeon R9 390Xの登場は6月になるらしい
Radeon最上位は「Fury X」。390Xは「クロック・ビデオメモリ強化版290X」となる模様。
GTX960の国内発売予価は3万円前後の模様 ついでにベンチも
Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
Radeon R9 Fury Nanoが遂に登場。驚きのスペックと驚きの価格。
今月22日発売のGTX960には、二つの「Ti」モデルが存在する?
Radeon R9 390XがCoolerMasterの水冷を搭載して3月~4月に登場? ベンチまとめも
GTX960とR9 280の4K比較パフォーマンス… 960は4Kが苦手らしい
Radeon R9 Furyのスペックとか値段とかが正式に発表された模様
気になるPCケース続々登場
GTX960Tiは「GM206」ではない模様
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
HDD他の値上がりが進む・・・
Intel2016年ロードマップがリーク。Broadwell-Eでは10コアに届くらしい。

Menu

HOME

TOP