シングルGPU最強カード、「Geforce GTX Titan X」が遂に登場

某ケイドロゲームの発売やリアルの多忙等で更新をサボっていた結果がこれだよ


002
[Review] NVIDIA’s Titan X(wccftech)
NVIDIA Launches the GeForce GTX TITAN X(techPowerUp!)
NVIDIA、新しいフラグシップGPU「GeForce GTX TITAN X」を正式発表。価格は999ドル(4gamer)
Maxwellのモンスター、「GeForce GTX TITAN X」をベンチマーク(PC Watch)

さて、記事にするのが遅れましたが、遂に登場です。
GTX980等と同じ”Maxwell”アーキテクチャの”GM200”コアを使用した、Geforce最上位のフラッグシップモデルとなります。
主な仕様は以下。
68b25133111a7026cd6bf8efb4bb2ffb
28nmプロセスのフラッグシップモデルとしては恐らく最後のモデルになるのでしょうか。
特筆すべきはやはり、12GBという過去最大のVRAMですね。
ゲーム用途にここまで消費することは考えにくいですが、4kモニタ三枚とかになるとこれくらい必要だということなのでしょう。

気になるベンチマーク

さて、では気になるベンチマークの方を見てみましょう。
ここでは、Radeonとの比較も行っていたPC Watch様のベンチマーク結果の中から、目安となるであろうものをお借りします。
まずはこちら。
g4
3DMark系のベンチマークは概ねこれと同じような結果でした。
GTX980と比較すると1.3倍程度のスコアですね。
次にこちら。
g1
BF4のフレームレートですが、なんとTitan XでもフルHDの最高設定で120fpsを維持できていないという結果に。
未だにシングルカードでは120fpsのキープは難しいということなのでしょうか。
それでもやはり、他のカードとは一線を画するスコアとなっており、文句なしに最強のカードであることがわかります。
中設定は皆さん200fpsに張り付いているようですから、無利子て10万円クラスのカードを買う必要はなさそうです。

最後に消費電力です。
g13
性能の割には非常に省エネですね。
GTX980とはおおよそ性能比と同じくらいの差になっているようです。


 
ともあれ、シングルカード最強の名は伊達では無いようです。
少なくとも、6月とされているRadeon R9 390Xの登場まではこれを上回るものは現れないでしょう。

コメントを残す




関連記事

Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
Radeon R9 390Xの実ゲームによるベンチマークがリークか?
Radeon R9 Fury Nanoが遂に登場。驚きのスペックと驚きの価格。
GTX980Tiのローンチは6月2日のComputexで行われる模様
遂に発売したGTX980Ti、649ドルで11万円の実力とは
GTX960とR9 280の4K比較パフォーマンス… 960は4Kが苦手らしい
Radeon最上位は「Fury X」。390Xは「クロック・ビデオメモリ強化版290X」となる模様。
HDD他の値上がりが進む・・・
Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂
気になるPCケース続々登場
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
Radeon R9 Furyのスペックとか値段とかが正式に発表された模様
Intel2016年ロードマップがリーク。Broadwell-Eでは10コアに届くらしい。
R9 290Xが329ドル、R9 290が269ドルに値下げ・・・?
Radeon R9 390XがCoolerMasterの水冷を搭載して3月~4月に登場? ベンチまとめも

Menu

HOME

TOP