Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も

r9-290x-threequarters

AMD Planning Graphics Refresh in 2015, 16nm FinFET In 2016

AMDのCEOが行った発表において、来年のグラフィックスは20nmとなることが改めて明言されているようです。
28nmのまま行くのではないか?という噂もありましたが、無事移行できるようですね。
ちなみに、APUコアは28nmのままのようです。

現行のHawaii(290系)やTonga(285)の改良も行われるらしいですが、おそらく今の280のような立ち位置で登場するのではないでしょうか。
そうなった場合、390より380の方が高発熱…ということになりかねませんから、相応にスペックダウンが図られている可能性が高い…気がします。

また、2016年にはまた大きな動きがある…といったことも言われています。
おそらく16nmFinFETプロセスのことではないか…と思われますが、ここに関しては明言はされていませんね。

コメントを残す




関連記事

Titan Zに、一般向けにも値下げが入ったらしい
Windows10が発表、気になるDirectX12のパフォーマンスは?
Radeon、”Hawaii”の新モデルがまだ来る?380Xとの噂も
DeepCoolから「トリプルチャンバー」な超変態ケースが発表される
Radeon R9 Furyのスペックとか値段とかが正式に発表された模様
Radeon R9 390Xの登場は6月になるらしい
GTX980が2.2GHzへのOCを達成。やはり耐性は高そうです。
気になるPCケース続々登場
Geforce GTX 980及び980Tiにこっそり値下げが入っている模様
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
GTX960Tiは「GM206」ではない模様
Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂
Skylake-Sのサンプル送付スタート 脅威のクロックなども判明?
AMD、FreeSyncや5k等に対応する「Catalyst Omega Driver」を発表
Intel2016年ロードマップがリーク。Broadwell-Eでは10コアに届くらしい。

Menu

HOME

TOP