Radeon R9 390Xの実ゲームによるベンチマークがリークか?

AMD’s Radeon R9 390X ES Performance Numbers Allegedly Leaked
【Preview】關於船長的力量

Radeon R9 390X”かもしれない”とみられるカードのES品によるベンチマークがリークされているようです。
“かもしれない”というのは、それが390Xかどうかは明記されておらず、”Pirate Islands”のカードであることを匂わせるような点があったというだけのようです。
グラフには”Captain Jack”という項目として表記されており、情報元のChiphellの記事にはジャック・スパロウの画像が並べて掲載されている…といった点から推測されるもののようです。
件のリーク情報は以下。

AMD-Radeon-R9-390X-Performance-Numbers
これは各ゲームの最高設定での平均パフォーマンスを示したものです。
390Xとみられる項目は”Captain Jack”とされており、”Pirate Islands”、”海賊島”のカードであることを匂わせています。
パフォーマンスはGTX980を16%ほど上回っており、”Hawaii”フラッグシップである290Xとは30%もの差をつけています。
ドライバは現行の最新のものが使われていますが、発売後にさらに最適化が進むとすれば、かなりの性能向上が見込めることになりそうです。

AMD-Radeon-R9-390X-Power-Consumption
気になる消費電力に関しても掲載されています。
ビデオカード単体のものになるようですが、390X(?)は197Wと、省電力を売りにしているGTX980やGTX970に迫るパフォーマンスになっています。
290XのUberモードで279Wですから、80Wもの削減となっています。
 


今回の情報が本当に390Xのものならば、かなりの高パフォーマンスを期待できそうですね。
個人的にビデオカードは良作が出た次の世代はコケるという印象があったのですが。

コメントを残す




関連記事

GTX960の国内発売予価は3万円前後の模様 ついでにベンチも
Intel2016年ロードマップがリーク。Broadwell-Eでは10コアに届くらしい。
GeForce GTX 960の発売が延期?
R9 390X、R9 380X、980Ti、Titan2っぽいベンチマークがリーク?
VRAM8GBのGTX980とR9-290Xが発売されるらしい
シングルGPU最強カード、「Geforce GTX Titan X」が遂に登場
Windows10が発表、気になるDirectX12のパフォーマンスは?
Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
GTX980が2.2GHzへのOCを達成。やはり耐性は高そうです。
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
遂に発売したGTX980Ti、649ドルで11万円の実力とは
DeepCoolから「トリプルチャンバー」な超変態ケースが発表される
Skylake-Sのサンプル送付スタート 脅威のクロックなども判明?
AMD、FreeSyncや5k等に対応する「Catalyst Omega Driver」を発表
Radeon R9 Fury Nanoが遂に登場。驚きのスペックと驚きの価格。

Menu

HOME

TOP