気になるPCケース続々登場

管理人が見つけた、ここ数日の間に発売・発表したPCケースを二つほどご紹介します。
一つ一つ記事にしてもいいくらいなんですが、連続でケースの話というのもアレなので。

お気に入りメーカーの静音ケース「SOURCE340」

8684a542a853a38dda996ac11908448f
私のお気に入りのメーカーであるNZXTの新作静音ケースです。
このメーカーはやはり、他のメーカーにはないデザインというか、「見せ方」が上手いなと感じますね。
特徴としてはやはり、5インチベイを廃してフロントのデザインをフラットにしたという点でしょうか。
最近では光学ドライブもOSのインストールくらいにしか使いませんから、USB接続のもので事足りる人が多いのでは?
主な仕様は以下のとおり。

外形寸法 W200×H445×D432 7.05kg
ドライブベイ 5.25インチベイ無し・3.5インチベイ×3・2.5インチベイ×2
ケースファン フロント:120mm×2or140mm×2
トップ:120mm×1(標準)or140mm×1
リア:120mm×1(標準)
インターフェース USB3.0×2・Audio出力・マイク入力
対応フォームファクタ ATX・MicroATX・miniITX

最近人気のデュアルチャンバー構造、anideesの「AI7」

e34a4c737446d60e539d049305ebe541
こっちはちょっと一風変わったPCケースです。
CorsairのAir540で一気に人気となった、「デュアルチャンバー構造」のPCケースとなっています。
デュアルチャンバー構造とは、ケース内部が左右で二つに分かれている構造のケースのことで、このケースの場合で言えば↓のようになります。
68af87266798060da60d90145bde1908
この構造の最も大きなメリットといえるのが、CPUやビデオカード等の熱源と、エアフローを阻害する配線やドライブベイ等を分離することが出来るという点にあります。
前から吸って後ろから吐くだけという、最も理想的なエアフローが簡単に実現できるというわけです。
また、私も苦手としている配線が簡単にまとめられるのもメリットの一つだと思います。行ってしまえば裏配線スペースに電源が入っているようなものですから、極端に言えば配線をまとめなくてもマザー側は非常に綺麗になります。
見た目もスッキリしていて、これからの製品にも期待したいですね。
このケースの主な仕様は以下のとおり。

外形寸法 W288×H380×D380 6.35kg
ドライブベイ 5.25インチベイ×1・3.5(2.5)インチベイ×4・2.5インチベイ×1
ケースファン フロント:120mm×4(標準)or200mm×1
トップ:120mm×2(標準)or140mm×2
リア:120mm×1(標準)+90mm(電源側)
インターフェース USB3.0×2・USB2.0×2・Audio出力・マイク入力
対応フォームファクタ ATX・MicroATX・miniITX

コメントを残す




関連記事

AMD Radeon R9 Nanoの発売は8月27日になる模様
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
3DMark、世界初となるゲーム向け4Kベンチマーク ※管理人スコアあり
Geforce GTX 980及び980Tiにこっそり値下げが入っている模様
Radeon R9 Furyのスペックとか値段とかが正式に発表された模様
Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
Radeon最上位は「Fury X」。390Xは「クロック・ビデオメモリ強化版290X」となる模様。
AMD、FreeSyncや5k等に対応する「Catalyst Omega Driver」を発表
GeForce GTX 960の発売が延期?
GTX960の国内発売予価は3万円前後の模様 ついでにベンチも
遂に発売したGTX980Ti、649ドルで11万円の実力とは
DeepCoolから「トリプルチャンバー」な超変態ケースが発表される
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
Radeon、”Hawaii”の新モデルがまだ来る?380Xとの噂も
HDD他の値上がりが進む・・・

Menu

HOME

TOP