Cherry、黒軸と赤軸の間を埋める新軸「NATURE WHITE」発表

メカニカルキーボード用スイッチの大手ブランドCherryが、大変おもしろいスイッチを発表しました。

MX1A_A1NA_natur_Persp_rdax_500x500

http://www.cherry.de/cid/press_1609.htm

 今回発表された「CHERRY MX RGB NATURE WHITE」は、「MX BLACK」及び「MX RED」と同様、いわゆる「クリック感」の無い常に一定な押下特性を持ち、2つのスイッチの中間である55gという荷重を持っています。

 この特性は、最近ゲーミングキーボードといえば赤軸、といった流れの通り、PCゲーマーから高い評価を得ており、Cherryもそこを意識して開発したスイッチであるとのこと。

 「MX RGB」軸であるということで、1670万色のLEDイルミネーションに対応しているという点も、光物が好きな人にはいいところかも知れません。ただ、そうでない人にとってはただ無駄に高くなるだけということになるので、できればLED非搭載モデルも登場してほしいところ。

 個人的には、このキースイッチにはかなり惹かれる物があります。というのも、私自身Cherry軸の中ではダントツに黒軸が好みなのですが、ゲーム用途にするには少々重く、人にも勧めにくいと考えていたためです。まあ、この手のものは人に勧めるようなものでもないと思いますが。

 ただ一つ気になるところといえば、「NATURE WHITE」というネーミング。リンク先のプレスにも記載されていますが、一応、「CHERRY MX WHITE」、通称”白軸”との混同を避けるために特別なネーミングをしたとのこと。しかし、日本国内ではなんと呼ばれることになるんでしょうか。自然白軸というのも直訳すぎますし。まあ、MX RGBのみでの展開になるとすればメインラインナップの中には入らないでしょうし、そこまで問題にはならないのかな。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP