「Mantle1.0」が一旦の終息に向かう模様?

On APIs and the future of Mantle

AMDの公式ブログにて、現在「Mantle」に開発リソースを向けている開発者に向けて、「現在“Mantle1.0“に向けている労力は、DirectX12等の開発に向けることを勧める」といった内容が掲載されました。
恐らく、DirectX12等の次世代APIにより、Mantleと同等の優位性が得られるため、一旦ここでMantleの開発に一区切りつけようということだと思います。

Mantleそのものの終息については触れられていないようですが、Mantle2.0などといったものが登場するんでしょうか?
ただ、DirectX12で現行のMantleと同じパフォーマンスが得られるとすれば、新型Mantleの登場はだいぶ先の事になりそうですし、ビデオカードの選択に大きな影響を与えることとなると思います。

コメント

コメントを残す




関連記事

Geforce GTX960の発表は1月6日から始まるCESで行われる?
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
Windows10のリリースは7月末になる模様
Windows10が発表、気になるDirectX12のパフォーマンスは?
GeForce GTX 960の発売が延期?
気になるPCケース続々登場
【CES 2015 パーツ編】GTX 960の写真と、スペック情報のまとめ
Radeon R9 390Xの実ゲームによるベンチマークがリークか?
Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
3DMark、世界初となるゲーム向け4Kベンチマーク ※管理人スコアあり
ルータにつけるだけでTorを実装出来る「Anonabox」
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
AMD、FreeSyncや5k等に対応する「Catalyst Omega Driver」を発表
Z9やZ3等のPCケースで有名なZALMANが倒産 国内では…

Menu

HOME

TOP