Radeon、”Hawaii”の新モデルがまだ来る?380Xとの噂も

r9-290x-threequarters

AMD preparing faster Hawaii GPU(VideoCardz.com)

“Fiji”の前に、”Hawaii”の新モデルが出るらしいとの噂があるらしいです。
これは、”Hawaii XTX”か、”Hawaii XTL”、”Hawaii XT2″とみられるモデルで、元々295Xとして計画されていたものらしいですが、どうやら380(X)として登場させるのではないかという話。

295Xとして計画されていたものとなるとやはり心配なのは消費電力ですね。
“Fiji”で効率化が計画されていたとするなら、390Xより380Xの方が爆熱電気食い、となる可能性も十分に考えられます。
逆転が起こってしまうとするならおそらくすぐに刷新されるとは思うのですが、285とか言うわかりにくいカードの存在もあり、力関係がますますわかりにくくなるのは喜ばしい話ではないですね。

まあ、正直295Xも眉唾情報ではあったので、今回の話も真偽はわかりません。

コメントを残す




関連記事

Geforce GTX960の発表は1月6日から始まるCESで行われる?
遂に発売したGTX980Ti、649ドルで11万円の実力とは
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
シングルGPU最強カード、「Geforce GTX Titan X」が遂に登場
Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
AMD Radeon R9 Nanoの発売は8月27日になる模様
Radeon最上位は「Fury X」。390Xは「クロック・ビデオメモリ強化版290X」となる模様。
Radeon R9 Furyのスペックとか値段とかが正式に発表された模様
【CES 2015 デバイス編】FreeSyncモニタ他、気になるゲーミングデバイスいろいろ
GTX960の国内発売予価は3万円前後の模様 ついでにベンチも
GTX960とR9 280の4K比較パフォーマンス… 960は4Kが苦手らしい
GTX980Tiのローンチは6月2日のComputexで行われる模様
【CES 2015 パーツ編】GTX 960の写真と、スペック情報のまとめ
Radeon R9 390Xの登場は6月になるらしい
気になるPCケース続々登場

Menu

HOME

TOP