遂に発売したGTX980Ti、649ドルで11万円の実力とは

GeForce_GTX_980Ti_BOX_Open.0

NVIDIA GeForce GTX 980 Ti 6GB Review(techpowerup)
The NVIDIA GeForce GTX 980 Ti 6GB Review(PCPERSPECTIVE)
さて、遂に発売しました、「廉価版TitanX」と言われていたGTX980Ti。詳細なスペックも確定したわけですが、それを見る感じだと本当に「ちょっと弱いだけのTitanX」といった雰囲気です。

fc4530474a39a265983fece49c028a68

これを見ると分かる通り、シェーダーユニット数が3072から2816に、メモリサイズが12GBから6GBになっていること以外は完全にTitanXのそれです。こう考えると980やTitanXがかなり割高に見えてきます。980に関しては980Tiの発売に合わせて499ドルに値下げされていますが、それでも割高感があるような気がします。


さて、肝心のベンチマークですが、流石という結果になっています。
まずはお決まりのBF4から。
bf4_1920_1080 bf4_3840_2160
フルHD、4K解像度共にTitanXに肉薄する結果となりました。タイトルにもよりますが、ゲーム用途なら4K解像度でも6GBのメモリで十分なケースが多いようです。

さて、お次はこれもお決まりの3DMark。
3dmark-fs 3dmark-fse
Extremeの方は4K解像度です。これもかなりTitanXに迫っています。


 
さて、最後に価格の面に関してですが、国内での初値はおよそ11万円となっています。海外での発売価格が649ドルですから、単純に6月1日現在のレートでおよそ8万円。消費税を入れても9万円程度といったところです。いつものこととはいえ、もう少しなんとかなってほしいものです。私はまだ買わないので関係無いですが。

コメントを残す




関連記事

Radeon最上位は「Fury X」。390Xは「クロック・ビデオメモリ強化版290X」となる模様。
気になるPCケース続々登場
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
DeepCoolから「トリプルチャンバー」な超変態ケースが発表される
今月22日発売のGTX960には、二つの「Ti」モデルが存在する?
【CES 2015 デバイス編】FreeSyncモニタ他、気になるゲーミングデバイスいろいろ
Radeon R9 390Xの実ゲームによるベンチマークがリークか?
Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
GTX960とR9 280の4K比較パフォーマンス… 960は4Kが苦手らしい
VRAM8GBのGTX980とR9-290Xが発売されるらしい
Intel2016年ロードマップがリーク。Broadwell-Eでは10コアに届くらしい。
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
Radeon R9 Fury Nanoが遂に登場。驚きのスペックと驚きの価格。
Radeon、”Hawaii”の新モデルがまだ来る?380Xとの噂も
Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂

Menu

HOME

TOP