GTX960Tiは「GM206」ではない模様

Nvidia’s GTX 960 Ti May Not Be Based On GM206

GTX960ではGM206が採用されていますが、Tiモデルではその可能性は低いとする情報が出ています。
その根拠は、リークされた以下のブロック図にあるようです。

GM206-Block-Diagram

GTX960のものとされるブロック図なのですが、GTX960のCUDAコアは1024基、これは、GM206コアの最高性能とされています。つまり、Tiモデルにグレードアップする余地は既に残されていない、ということのようです。
だとすれば、660の時のように、GM204で作られると見るのが妥当だと思います。660の時も、どちらかと言うと670のちょい下、といった立ち位置でしたから、今回もそのような形になるのでしょうか。

コメントを残す




関連記事

GTX960とR9 280の4K比較パフォーマンス… 960は4Kが苦手らしい
Geforce GTX 980及び980Tiにこっそり値下げが入っている模様
DeepCoolから「トリプルチャンバー」な超変態ケースが発表される
Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂
Titan Zに、一般向けにも値下げが入ったらしい
Radeon R9 390Xの登場は6月になるらしい
Radeon Furyの詳細情報や300シリーズリネーム対応表からの評価まとめ
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
遂に発売したGTX980Ti、649ドルで11万円の実力とは
Geforce GTX960の発表は1月6日から始まるCESで行われる?
【CES 2015 パーツ編】GTX 960の写真と、スペック情報のまとめ
GTX960の国内発売予価は3万円前後の模様 ついでにベンチも
Skylake-Sのサンプル送付スタート 脅威のクロックなども判明?
Radeon最上位は「Fury X」。390Xは「クロック・ビデオメモリ強化版290X」となる模様。
【CES 2015 デバイス編】FreeSyncモニタ他、気になるゲーミングデバイスいろいろ

Menu

HOME

TOP