プロゲーマー育成専門学校についてあえて真面目に考えてみる

49629378227c1068fa66f8e7cc361980

何この記事

さて、最近話題となっている日本初のプロゲーマー養成学校。ネット上では「んなバカな」の声でいっぱいです。

この専門学校ですが、純粋なプロゲーマー部門の他に、ゲーム業界への就職を目指すビジネス部門や、イベント部門、なんとゲーム実況部門まで開設されるようで、なんというかもう、叩かれる要因しかないように思います。

それで終わりでもいいのですが、ここはあえてちょっとだけ真面目に考えてみたいと思います。といっても、経済学やスポーツの知識など皆無な私が考えることですから、間違っていることが大半だと思って暇つぶしにでもしてもらえればと思います。

e-sportsについて

4914458852862dff678ebce31494e5b3

簡単な解説

e-sportsという言葉も最近ではメジャーになりましたが、一応改めて簡単な解説を。

ElectricSportsの略称であるこの言葉は、ゲームを一つのスポーツであると捉えた言葉で、中には普通のスポーツと変わらない扱いをしている国も存在します。

そのe-sportsで生計を立てている、もしくはそれを中心として生計を立てられている人がプロゲーマーというわけです。
アメリカでは、League of Legendsのプロプレイヤーに対してアスリートビザを発行しており、アスリートと同じ扱いを受けています。

韓国では、なりたい職業第二位にプロゲーマーが位置しています。まあ、これは今の子供達が「Youtuberになりたい」というのと同じ気もしなくもないですが。

日本での現状

日本にも極僅かですが、世界と同じ意味での純粋なプロゲーマーは存在します。

有名格闘ゲームプレイヤーの梅原大吾氏や、League of Legendsのチームで給与を受け取ってプレイしている「DetonatioN FocusMe」、同ゲームで企業から支援を受け、都内にゲーミングハウスを構えるに至った「Rascal Jester」等がそれに当たると思います。また、かつてはCounter Strike等のFPSにおいてもプロチームが存在しました。

しかし、日本のプロe-sportsプレイヤーの平均年収は100万円程度と言われており、まだまだ国内でe-sportsで生計を立てるというのは難しいと言わざるを得ません。

日本でe-sportsが成り立たない理由

1.イメージが悪すぎる

なんといってもこれが全てと言っても過言ではないと思います。
イメージが悪いということだけなら、過激な格闘技等もその範疇に入ってくるかもしれません。

しかし、e-sportsと格闘技には確たる違いがあります。それは、ファンがお金を落とすか否かです。娯楽に市場を形成できるほどお金を落とすことの能力のある年齢層の人に対してイメージが悪すぎる「ゲーム」という媒体は、競技場の入場料による収益はもちろん、スポンサーから見てもあまり広告効果が出ないだろうとされているのだと思います。

2.カジュアルゲームが流行り過ぎている

ここで言うカジュアルゲームとは、いわゆる「任天堂系」の、WiiUや3DSのようなライトゲーマー向けのゲームです。こういったものには競技性が生まれにくく、e-sportsとしての価値は低いと言えます。

しかし、日本はむしろこういったライトゲーマーが中心となっていますから、海外に比べるとより、競技性の高いゲームに対して感じるハードルが高いのだと思います。

日本でプロゲーマーになるには

1.日本のプロゲーマーは「タレント業」だと思う

さて、上の方で「e-sports」で生計を立てるのは難しいと書きましたが、しかし、「ゲーム」で生計を立てている人ならかなり多くなります。

それは、「ゲーム実況主」と呼ばれる人の存在です。人気実況主になると、ゲームの実況動画による収益だけでも月収数十万円を手にしていると聞いたことがあります。それなら生計を立てるには十分ですし、これもゲームによって生計を立てているわけですから、「プロe-sportsプレイヤー」ではなくても、「プロゲーマー」であると言えるのではないでしょうか。
現に、上で名前を上げた梅原大吾氏も、イベントや映像媒体への出演等のタレント業が大きなウェイトを占めていると言います。

個人的にはまだこっちのほうが現実的な「プロゲーマー」としてのあり方かなと思います。

2.時が来るのを待つ

イメージが悪いという話を書きましたが、これはつまり、今ゲームを自然に受け入れられる10代~20代のe-sportsファンが、市場を形成することが出来るほどのお金を落とすようになるまで待つということです。勿論、既存のプレイヤー達がさらに盛り上げていくことが出来れば、という話ですが。

つまりこの専門学校は

さて、プロゲーマーについての話ばかりでしたが、結論この専門学校がどうなのかといえば、「アリ」だと思います。
当然、ここに入ればプロゲーマーに慣れるとはこれっぽっちも考えられませんが、何より大切なのは、ゲームにおいて新たな市場を生み出すこととなるということです。

公式サイトを見る限り、恐らく既存のプロゲーマーが講師として入る形となるでしょうから、どのような形であれプロゲーマー側に収益をもたらすことになります。そして、専門学校を卒業した人がまた講師として活動して…としていけば、結果としてプロゲーマー人口は増え、ここで一つ経済が回ります。

というわけで、入るのはちょっと遠慮願いたいですが、この活動自体は大いに応援していきたいと思います。

情報元:東京アニメ・e-sports プロフェッショナルゲーマーワールド

コメントを残す




関連記事

DICE「BF:HはBF4の置き換えにはならず、共存可能」
「Mantle1.0」が一旦の終息に向かう模様?
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
AMD、FreeSyncや5k等に対応する「Catalyst Omega Driver」を発表
BF:Hのβテストをやってみての感想等 ※動画あり
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
【CES 2015 パーツ編】GTX 960の写真と、スペック情報のまとめ
ルータにつけるだけでTorを実装出来る「Anonabox」
CoD:AWの最低動作環境が発表 メモリは6GB(! HDDは55GB(!?
Z9やZ3等のPCケースで有名なZALMANが倒産 国内では…
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
Geforce GTX Titan X/Ⅱ、あるいは980Tiの噂
Radeon R9 390Xの実ゲームによるベンチマークがリークか?
Borderlands: The Pre-Sequelの新しいPVが公開
【BF:H】DLC第一弾「Criminal Activity」が6月中に登場 新ガジェット・新モードも

Menu

HOME

TOP