Windows10が発表、気になるDirectX12のパフォーマンスは?

ついに正式に発表されたWindows10。なんとWindows7及び8/8.1からのアップデートは無償であると聞いて小躍りしている次第です。

さて、PCゲーマーとして気になるのは、Windows10で実装される「DirectX12」。Mantleに触発されて作られたAPIであり、Mantleに匹敵するパフォーマンスを実現できるとの噂もありましたが、今回ついにDirectXとの比較パフォーマンスが公開となりました。
以下が発表時の動画になります。

実際のデモは7分30秒あたりからになります。

APIごとの動作を比較できる、3DMarkの「API Overhead feature test」を使用した比較となっており、DirectX11はスタート後すぐに止まってしまったのに対し、DirectX12は常にスムーズな動作となっていますね。

公式ではDirectX11と比べて50%の性能向上が見込めるとしているようです。特に専用APIを持たないGeforceがどう化けるのか、登場が楽しみですね。

コメントを残す




関連記事

「Mantle1.0」が一旦の終息に向かう模様?
【CES 2015 パーツ編】GTX 960の写真と、スペック情報のまとめ
ルータにつけるだけでTorを実装出来る「Anonabox」
AMDとNVIDIAの次世代GPUはさらに先延ばしになりそう?
Windows10のリリースは7月末になる模様
GeForce GTX 960の発売が延期?
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
AMD、FreeSyncや5k等に対応する「Catalyst Omega Driver」を発表
GTX980が2.2GHzへのOCを達成。やはり耐性は高そうです。
気になるPCケース続々登場
メカニカルキーボード採用の変態ゲーミングノート発表
Skylake-Sのサンプル送付スタート 脅威のクロックなども判明?
プロゲーマー育成専門学校についてあえて真面目に考えてみる
Windows10のアップグレードはするべきか否か
【CES 2015 デバイス編】FreeSyncモニタ他、気になるゲーミングデバイスいろいろ

Menu

HOME

TOP