ルータにつけるだけでTorを実装出来る「Anonabox」

Anonabox privacy router good to go

例のPC遠隔操作事件で話題となった「Tor」ですが、その環境が簡単に整えられるデバイスが登場しそうです。
Torとは簡単にいえば匿名通信のためのシステムで、IP等を秘匿したままインターネット通信をすることが出来るものです。
このデバイスは主に、ホテルやマンションでの無料インターネットや、海外の制限付きWebサイトから情報を得る等の用途を想定しているようです。

01_m
使い方は簡単で、PCとルータ、あるいはモデムの間に装着するだけ。

簡単な仕組みとしては、世界中にあるTor用のサーバーを経由して通信するのですが、常に経路が切り替わるため、経路の特定が困難になる…ということらしいですが、難しいことはよくわかりません。


この度、KickStarterでの出資額が目標額に達したということで、本格的な生産に入る可能性が高いとのこと。

出資は来月半ばまで募集されており、出資額に応じて製品を手にすることが出来ます。

  • 51ドル(約5400円):anonabox(初回生産版)×1、Micro-USBケーブル×1、ステッカー×2、公式ウェブサイトのスポンサーページに氏名掲載
  • 99ドル(約1万円):指定したSSID名に設定されたanonabox(初回生産版)×1、Micro-USBケーブル×1、ステッカー×1、Tシャツ×1、公式ウェブサイトのスポンサーページに氏名掲載
  • 250ドル(約2万7000円):指定したSSID名に設定されたanonabox(初回生産版)×5、Micro-USBケーブル×5、ステッカー×1、Tシャツ×1、公式ウェブサイトのスポンサーページに氏名掲載
  • 495ドル(約5万3000円):anonabox(初回生産版)×10、ステッカー×10、Micro-USBケーブル×10、お礼の電話と質問があれば回答、公式ウェブサイトのスポンサー部門に氏名掲載
  • 1337ドル(約14万3000円)以上:anonabox(初回生産版)×3、Micro-USBケーブル×3、ステッカー×4、Tシャツ×1、カリフォルニア州チコにある本社に招待されて、開発チームとランチ&ディナー(宿泊ホテル付き)

このブログを見てくださっている人にはあまり縁のない話かもしれませんが、話題になったフレーズだったので記事にしてみました。

私自身使い道が思いつかないので、紹介するだけということになりますが。

コメントを残す




関連記事

Windows10のリリースは7月末になる模様
GeForce GTX 960の発売が延期?
Cherry、黒軸と赤軸の間を埋める新軸「NATURE WHITE」発表
Radeonはちゃんと20nmになるみたい?その他情報も
メカニカルキーボード採用の変態ゲーミングノート発表
パンタグラフ式Nキーロールオーバーキーボード
Windows10が発表、気になるDirectX12のパフォーマンスは?
SAMSUNGのSSD新モデル「850 EVO」が1月頃発売の模様
Steamの動画配信サービス「Steam Broadcasting」のβテストがスタート
LGが「4K」「IPS」「144Hz?」「1ms」「FreeSync」の化物モニタを発表。お値段なんと
TGS2015で発表されたゲーミングデバイスのこと
Tt eSPORTS、4千円前後の同時押し対応ゲーミングキーボード
Z9やZ3等のPCケースで有名なZALMANが倒産 国内では…
Geforce GTX960の発表は1月6日から始まるCESで行われる?
Windows10のアップグレードはするべきか否か

Menu

HOME

TOP